Ensō

FESTIVAL FOR SONIC AND VISUAL ARTS
円窓を見つめる間

10-11 April 2020 / Japan

___________________________________________

ABOUT ENSō︎

Location / ロケーションマップ
Hospitality / ホスピタリティー
Podcasts / ポッドキャスト

Ensō Compilation / コンピレーションアルバム 
Press / プレス

Contact  / コンタクト

Buy Ticket / チケット

___________________________________________

UNDERGROUND  STAGE  /  地下神殿
︎ENA
︎Katsunori Sawa
︎Lemna
︎Rabih Beaini
︎Renick Bell
︎Tobias.
︎YPY
︎Yuji Kondo

CAVE LISTENING  STAGE  /   地上洞

︎Akey
︎Akiram En
︎Chloe Juliette
︎Maki
︎Manabe
︎Psychonaut
︎Yoshitaka Shirakura
︎7e


Mark


Recent Arts



Photo by Alma Paz

Recent ArtsはビジュアルアーティストのValentina BerthelonとミュージシャンのTobias Freundのデュオである。ライブパフォーマンスでは、詩やストーリーを使った映像と実験的な音楽が融合されることで、自分の周りの世界を深く感じながら音楽を楽しむことができる。3年前にデュオとしてリリースした初のアルバムの「Recent Arts」はインダストリアルとアンビエントミュージックの影響を結び付けたものであった。このレコードはAtonal 2016で初演された「The History of Darkness」というオーディオビジュアルのパフォーマンスが元となっている。天文学史を使用することで、科学的なイメージと人々の持つ宇宙のイメージを強調するスタイルでオーディエンスを旅へと連れていくようなパフォーマンスであった。一方、2018年にBerghainのSäuleで初演となった、最新作アルバムの「Skin」(2019年3月6日にリリース)は、シンガーのBarbie Williamsの声を使ったライブと実験的な電子音楽と照明デザインと映像とが組み合わされたものであった。このプロジェクトでは、Recent Artsは多くのパフォーマーやダンサーとコラボし、即興的な体を使ったパフォーマンスを映像に組み込んだ。Ensoでは「Hypertext」という新しいオーディオビジュアルのパフォーマンスが行われる予定である。

Recent Arts is a duo conformed by visual artist Valentina Berthelon and musician Tobias Freund. Together they build live pe, rformances using video projections and experimental sound –charged with symbols, stories and poetry– thus generating sound environments that invite to enjoy the music while deeply connecting with our perceptions of the world and our sense of realities within it.

They appeared with their first Album called Recent Arts, released three years ago, which combined in their sound the influences of industrial and ambient music. This record was the music side of the audiovisual performance “The History of Darkness” premiered at Atonal 2016.  The show used the history of astronomy, to take the audience  on a journey that highlights  both the style of scientific images and the perception people have of the Universe.

“Skin” is their last album and audiovisual project and was premiered live in 2018 at Säule (Berghain). The show is formed by video projections, experimental electronic music, lightning design and voice –performed live by singer Barbie Williams. For this project, Recent Arts collaborated with a number of performers and dancers in order to create video works that involve improvisations with the bodies. “Skin” Album was released 6 of March of 2019. 

For Enso Festival they will premier their new audiovisual project called Hypertext.

Website  /  BancampYoutube / Soundcloud







Next︎    


Mark