Ensō

FESTIVAL FOR SONIC AND VISUAL ARTS
円窓を見つめる間

10-11 April 2020 / Japan

___________________________________________

ABOUT ENSō︎

Location / ロケーションマップ
Hospitality / ホスピタリティー
Podcasts / ポッドキャスト

Ensō Compilation / コンピレーションアルバム 
Press / プレス

Contact  / コンタクト

Buy Ticket / チケット

___________________________________________

UNDERGROUND  STAGE  /  地下神殿
︎ENA
︎Katsunori Sawa
︎Lemna
︎Rabih Beaini
︎Renick Bell
︎Tobias.
︎YPY
︎Yuji Kondo

CAVE LISTENING  STAGE  /   地上洞

︎Akey
︎Akiram En
︎Chloe Juliette
︎Maki
︎Manabe
︎Psychonaut
︎Yoshitaka Shirakura
︎7e


Mark


Renick Bell





Renick Bell はアルゴレイヴ シーンに抜きん出るショッキングなプロデューサーである」とMixmag誌は評している。Resident Advisor誌によれば、彼は ”アルゴレイヴのボス” であり、また「アルゴレイヴムーヴメントの主要人物の一人であり、彼が音楽を作るのを見るのは、それに乗って踊るのと同じくらい楽しい」と書いている。
Bellは、彼自身が作成したソフトウェア ”Conductive” を含むオープンソースソフトウェアを使い、パーカッションとノイズ、ヘヴィーなベースのきいたアルゴリズムが生む音楽を、ライヴコーディング (その場でプログラムを打ち込む) で即興する。各パフォーマンスが、新しくユニークで、彼自身にさえも未知であり、そのライヴプログラミングは観客にも見えるように投影される。
2019年、英国マンチェスターThe Warehouse Project 史上初のキュレーションイベントに、Aphex Twinにより抜擢される。
2018年、同年のグラミー賞にノミネートされたプロデューサー Rabit の Halcyon Veilレーベルから アルバム"Wary" をリリースする。Seagraveレコードからは "Turning Points" をリリースし、これは FACT誌 "2018年ベスト50アルバム" の19位にランクイン、大きな成功を収める。また、Lee Gamble のUIQレーベル、ベルリンに拠点を置くConditionalレコードや Saplingsレコードなどからのリリースがある。
Bell は、大学等で教鞭をとるとともに、ソフトウェア作成の研究と実践、ライヴコーディング、エレクトロニックミュージック、芸術に関する研究論文の執筆等、幅広い音楽活動に従事している。2001年からアジアに、2006年から東京に拠点を置く彼は、テキサス州西部出身である。

"Renick Bell is one of [the algorave] scene’s more flabbergasting producers," writes Mixmag magazine. Resident Advisor calls him "Algorave kingpin" and writes that he "is one of the leading figures of the algorave movement, and watching him make his music is just as fun as dancing to it."
Bell improvises bass-heavy algorithmically generated music full of percussion and noise by live coding with open source software, including software he has written called Conductive. Each performance is new and unique, unheard before the event even by Bell, with his live programming activity projected for the audience to see.
In 2019, he was selected by Aphex Twin for the latter's first-ever curated event for the The Warehouse Project in Manchester, UK. In 2018 he released an album called Wary on 2018 Grammy-nominated producer Rabit's Halcyon Veil label and another called Turning Points on Seagrave Records, which was a critical success, including being ranked 19 out of "The 50 best albums of 2018" by FACT magazine. He has releases on Lee Gamble's UIQ label, Berlin-based Conditional Records and Saplings Records, among others.
His music practice corresponds with a research practice of writing software and writing research papers on live coding, electronic music, and art, as well as teaching in university and other contexts. Based in Tokyo since 2006, Bell has lived in Asia since 2001. He is originally from West Texas.

WebisteBandcamp / Youtube / Soundcloud







Next︎    


Mark