Ensō

FESTIVAL FOR SONIC AND VISUAL ARTS
円窓を見つめる間

10-11 April 2020 / Japan

___________________________________________

ABOUT ENSō︎

Location / ロケーションマップ
Hospitality / ホスピタリティー
Podcasts / ポッドキャスト

Ensō Compilation / コンピレーションアルバム 
Press / プレス

Contact  / コンタクト

Buy Ticket / チケット

___________________________________________

UNDERGROUND  STAGE  /  地下神殿
︎ENA
︎Katsunori Sawa
︎Lemna
︎Rabih Beaini
︎Renick Bell
︎Tobias.
︎YPY
︎Yuji Kondo

CAVE LISTENING  STAGE  /   地上洞

︎Akey
︎Akiram En
︎Chloe Juliette
︎Maki
︎Manabe
︎Psychonaut
︎Yoshitaka Shirakura
︎7e


Mark
Ensō 理念

始まりも終わりもなく、流動的に流れ続ける宇宙の真理を表す円。
円相は円窓とも表され、 各々が己の心の窓を見つめ直す事のできる間
を具現化するという理念のもと企画されている。


『質が堅くないだけに、石に連想される冷たさがない。丁度、石と木との間のような性質がある。堅くないだけに親しみやすい。何も上等な石というわけではないが、私は大谷石に日本的なものを見出さないわけにはゆかぬ。』柳宗悦

この言葉に記されている通り、独特の質感を備えている大谷石は、
音に対しての吸音性と遮音性を絶妙なバランスで施す石として有名である。

大谷石採石場は1945年の地下軍需工場として最大の大きさを誇り、15000人以上が勤務していた。今回のイベントでは陸軍四式戦闘機「疾風」の製造をしていた地下採石場後をメインフロアとし、12名のライブアクトに特化したアーティスト達から構成されたラインナップで、音と音楽の実験的要素に挑戦し邁進し続けるアーティストたちにフォーカスを当てている。

バーエリアの位置する洞区域では蠱惑的なアンビエントと繊細な律動を巧みに使いこなし、広範なプレイを得意とするDJたちを選出しており、外での一息も良質な音世界を堪能することができる構成になっている。

Ensō

Ensō を企画するREITENは日本人のサウンドアーティストでプロデューサーのKosei Fukudaのレーベルである。持続的なイベントとして発足されたEnsōは実験的な方法で電子音楽と視覚芸術とを融合させることを目的とする。
4月10日と4月11日に日本で開催される第一回目は2つのステージに分かれ、出演陣の審美的な観念が芸術的に混ざりあう場を提供するフェスティバルとなる。

会場の大谷石採石場は1945年の地下軍需工場として最大の大きさを誇り、15000人以上が勤務していた。今回のイベントでは陸軍四式戦闘機「疾風」の製造をしていた地下採石場後をメインフロアとし、10名以上のライブアクトに特化したアーティスト達から構成されたラインナップで、音と音楽の実験的要素に挑戦し邁進し続けるアーティストたちにフォーカスを当てている。セカンドステージでもあるバーエリアの位置する洞区域では蠱惑的なアンビエントと繊細な律動を巧みに使いこなし、広範なプレイを得意とするDJたちを選出しており、外での一息も良質な音世界を堪能することができる構成になっている。

概念

禅宗では、ensō -円相- は一筆で書かれた円を意味する。一度書かれた後で修正することは、同時に、戸惑いや考え直すことを表し、元の行為の率直性を失うため許されていない。このように、意思の持つ自発性と施行時の規律との支点を見つけることが、ensō -円相- が持つ芸術的な意味である。これについては、ジャズピアニストのBill Evansが自身も参加したMiles Davisの「Kind of Blue」でライナーノートに記述しており、彼にとってensō -円相- は即興芸術の象徴であった。今日では、前もって用意された方法ではなく、自発的なアイディアと偶発的なオーディエンスとの相互作用を元に演奏される電子音楽のライブで表現されている。自在にビートを操り、自由に感情を伝達するDJも同じである。また、簡素さを優美とするテクノの視覚的なシンボルは ensō -円相- であるといえる。なぜなら、どちらも内的な虚無と構造の輪郭を知覚すること、境界と領域のそして外的な逸脱と内省の相互性を意識することに焦点を置いている。ensō -円相- は外界の持つ空虚と個人の内的な鏡像といった両価性を持つ。



Ensōの舞台となる大谷資料館は宇都宮の北西部に位置する巨大な採石場として使われていた場所である。後に採石場として使われた洞穴の空間は江戸時代に人の手によって作られたといわれている。大谷石はマグマが固まってできた火成岩であり、精巧な建築に使い勝手がよく、その顕著な例はフランク・ロイド・ライトが建築を担当した東京の帝国ホテルである。その質感並びに吸音性と遮音性に定評がある大谷石には、このフェスティバルにおいて特別な意味がある。溶岩は「自発的な」経路をたどり、その途中にあるものを吸収し、最終的にはその混合する要素から耐久性のあるものへと凝固する。そのため、一筆で書かれた ensō -円相- と、そして即興的なDJセットと類似する。Ensōの円の中に身を置き、その芸術世界に浸ることができるだろう。



Ensō Festival

“A moment when the mind is free to let the body create.”

Ensō is an audio-visual festival produced by REITEN – the label of Japanese sound artist and producer Kosei Fukuda. Conceived of as an annual event, Ensō aims to fuse electronic music and visual arts in experimental ways. The first edition will take place in Japan on April 10th & 11th 2020. Divided in two stages, the festival opens up a collaborative artistic field for exchange of aesthetic concepts between the participants. The main stage is curated by REITEN with exclusive focus on experimental live performances, each of which is selected to transgress the outer edges of electronic and acoustic sound. The second stage will host DJs and artists representing local club scenes, and is designed to create playful ambience that reflects their defining genres.   


The concept

Within Zen philosophy, ensō – – means a hand-drawn circle created by one uninterrupted stroke. No corrections are permissible as they would represent an after-thought destroying the directness of the original gesture. Herein lies the artistic meaningfulness of ensō – finding the fulcrum between the spontaneity of intent and the discipline of execution. This approach was once referenced by the jazz pianist Bill Evans in the liner notes for Miles Davis’s album Kind of Blue. It epitomized for him an art of improvisation. Today, live acts in electronic music approximate this condition by performing without a premeditated strategy, following spontaneous ideas and contingent interactions with the audience. A DJ who acts as a bricoleur of beats and who is in free affective communication with an audience rather than any preconceived plan also approaches that situation. The plain circular form of ensō can be seen as a visual symbol of the circular sonic content of techno. Both find elegance in simplicity. Both elevate the loop to the status of an aesthetic principle, celebrating their internal voids as much as the contours of their structures, and pointing to the mutuality of the border and the field, outward transgression and introspective reflection. Ensō traditionally embraces that ambivalence, meaning at once the emptiness of outside universe and the mirror of one’s inner states. 

Text by Dominik Bartmanski



The locus

The festival takes place at The Ōya History Museum, a venue built inside an enormous former stone quarry in northwestern Utsunomiya, north of Tokyo. The human-made cavernous chambers were originally developed there during the Edo Period. Ōya stone is an igneous rock, formed by solidification of magma, and amenable to exquisite architectural uses. A prominent instance is the facade of Frank Lloyd Wright’s Imperial Hotel in Tokyo. This stone is famous also for its texture and capacity to absorb and diffuse sound. Its symbolism matters too. As lava flows following its ‘spontaneous’ course and absorbing whatever lies in its path, it eventually congeals, creating the durable object out of its mixed elements. It is therefore not unlike an ensō drawing, or an improvised and recorded DJ set. Immerse yourself in the circle of Ensō.